国谷裕子さんに怒られました NHKからの回答

私からの質問に対してクローズアップ現代を担当したNHK番組制作局科学・番組部 ディレクター 菅 武仁(すがたけひと)氏からの返事はありませんでした。

 

2015年5月18日

はだクリニック 羽田正人様

 

平素からNHKの番組制作にご協力を賜り、厚<御礼申し上げます。このたびは、20

03年放送のクローズアップ現代につきましてお手紙をお寄せいただきありがとうござ

いました。当時の関係者に聞き取りした結果を、この番組を制作した部署より回答させて

いただきます。

羽田様には、12年前に取材にご協力頂き、インタビュー撮影をさせていただいたにも

関わらず、編集上の都合で放送からカットになってしまいました。放送時にもお詫びをさ

せていただきましたが、ここに改めてお詫びさせていただきます。

番組は、かつて薬害を起こしたサリドマイドが国による適切な管理が無いまま使われる

ことのリスクを指摘したものです。羽田様のご研究を始めとする、サリドマイドの癌に対

する治療効果を否定したものでは決してありません。番組ではサリドマイドが癌治療に効

果を上げている事実を、患者や医師のインタビュー、グラフ、CGなどを使って詳細に解

説しております。羽田様ご自身の撮影映像をご紹介できなかったことは申し訳なく思って

おりますが、サリドマイドに薬効があるという羽田様のご主張は番組全体として伝えてい

ると考えております。

番組の中で「大阪市の業者がサリドマイドを無許可で製造していたことが発覚、薬事法

違反に当たるとして回収命令が出された」と紹介したのは、行政が行ったことをそのまま

表現したもので、行政の法解釈の正否に言及したものではありません。従って、回収命令

書とサリドマイドカプセルの映像が薬事法違反を立証するために使用されたということ

はありません。

お手紙のなかに2週間の撮影との記述がございましたが、当時の制作スタッフ複数名に

確認したところ、撮影は1〜2日、合計数時間だったということです。当時、NHK、民

放を含め、多<の撮影があったかと存じますが、クローズアップ現代ではご指摘のような

長期撮影はしておりません。

また、撮影シーンがカットになってしまったのは限られた放送時間に盛り込むことが難

しくなったからです。サリドマイドに治療効果があることは番組内で紹介しており、羽田

様がおっしゃる「NHKが放送すると既成事実となり、権威付けになるから」という理由

ではありません。

ホームページヘの写真掲載については、12年前の放送前後に、羽田様にご了解をいた

だいた上で掲載に至ったと担当者は認識しております。今回、お申し出がありましたので、

お写真は4月にホームページから削除させていただきました。

以上、ご理解をいただきたく、お願い申し上げます。

NHK科学環境番組部部長

田附英樹